カテゴリ:和Sweets( 6 )

「栗饅頭」を習いに行きました♪

昨日は和菓子教室に行きました。

習ったのは「栗饅頭」。

白餡を炊き、フツーのと栗の甘露煮を潰したのを混ぜたのに分けます。

皮は現代風にコンデンス・ミルクを使うので、シットリとコクのある感じに仕上がるのですが、生地自体はベト付き易く、扱いが大変です。

皮のベト付きと格闘しながら、餡を包んでいきます。

フツーの白餡のには栗の甘露煮を半分に切ったのを載せ、栗の甘露煮を混ぜた餡のは栗の形に成形して芥子の実をあしらいます。

↓オーブンで焼成し、皮をシットリさせる為にラップで包みます。

c0101982_14265217.jpg


↓1つ1つを和紙の袋に入れて…

c0101982_14273334.jpg


↓巾着に入れて完成!です。

c0101982_14282349.jpg


栗饅頭は、主人は苦手なので、義母に食べて貰い、半分ほど実家の母に巾着ごと持って行き、今、家の外装工事にいらっしゃっている方の御茶菓子に…と、していたら、あ~っと言う間に無くなってしまいました。

今回で和菓子は終了してしまい、感慨も一入なのですが、自宅で作るかぁ…は、ど~なんでしょうね…(爆)。(^_^;)
[PR]
by h-camomile | 2007-04-25 14:33 | 和Sweets

「黄味しぐれ」を作りました♪

昨日は和菓子教室に行きました。

作ったのは「黄味しぐれ」
漉し餡を上新粉・膨らし粉や卵黄を混ぜて黄色で着色した白餡で包んで蒸し上げた、お饅頭です。

半分は其のままで、残りは漉し餡の粉末に塗して、うっすらピンク色に仕上げます。

先生曰く「蒸し上がった時に割れ目が出来たら成功です♪」

さてさて、上手く出来るのでしょうか…。
蒸し上がるまでドキドキです。

c0101982_13473610.jpg

↑蒸籠(せいろ)から出した状態です。

どうやら無事に割れ目が出来たようで、ホッと一安心です。

c0101982_13514420.jpg


↑1つ1つケースに入れます。

c0101982_1353992.jpg


↑そして、巾着に入れて‘お持ち帰り’です♪

主人にも食べて貰いましたが、外側の黄味餡が苦手らしく‘しかめっ面’に。

家族の分を残して、後は手土産に持って行きました。

和菓子も残り1つです。

次回も頑張ります!
[PR]
by h-camomile | 2007-04-10 13:57 | 和Sweets

「冬野(ふゆの)」を作りました♪

お久し振りです。

忙しさと体調不良で、このブログも御無沙汰してました。

これからもマイペースで、この‘かもみ~るさんのパン工房’を続けて参りますので、何卒宜しくお願いします。

さてさて…。

先日(というか先月)、和菓子教室に行って来ました。

作ったのは「冬野」という‘流しモノ’と呼ばれる類の和菓子です。

栗蒸し羊羹を作って型に流して1度蒸し、‘かるかん’を作って上から掛けて再度蒸し上げます。

今回、‘かるかん’は、山芋パウダーを使いましたが、勿論、生の山芋からも作れます。
(レシピや先生の説明で作り方を習いました。)

c0101982_12164252.jpg


正直言って、蒸し羊羹も‘かるかん’も余り好きでは無いのですが、やはり自分で作ったのは格別…!、2切れも食べてしまいました。(^_^;)

4月は「‘饅頭’月間」(と自分で名付けていますが…)で、饅頭2種を習っていきます。

洋菓子好きの私ですが、「和菓子も悪くはないなぁ~」と思う今日この頃です♪
[PR]
by h-camomile | 2007-04-10 12:19 | 和Sweets

「浮島」を作りました♪

月曜日は、久し振りに和菓子教室に行きました。

作ったのは「浮島」という、‘餡入りの蒸しケーキ’といった感じの和菓子です。

寒天流しの型にクッキング・シートを敷き、下から、漉し餡入りの生地・抹茶餡入りの生地・白餡入りの生地…の順番で生地を載せていくのですが…

先生から仰られた「‘トントン…’と空気抜きしたくなりますが、しないで生地が混ざらないように置いて重ねていって下さい。」の言葉の如く、空気抜きをしたくなる衝動と戦いながら(笑)、生地を慎重に重ねていきます。

そして、いよいよ蒸し器に入れて蒸します。

蒸し上がった時、卵の香りがフンワリと漂います。

c0101982_130333.jpg


和紙の袋に紐を結んでラッピングも完成です。

白と黄色、それぞれの袋が何ともオシャレです。

1つは自宅用に、もう1つは明日お会いする‘ぽこママ’さんに差し上げる事にしました。

心配していた‘層’もキレイに出ていてホッと安心です。

c0101982_1324149.jpg


味もイメージ通り、フンワリ軟らかい「たまご蒸しケーキ」といった感じでした。

明日が楽しみです♪
[PR]
by h-camomile | 2007-03-14 13:04 | 和Sweets

桜大福を作りました♪

先日、クオカで買った「桜あん」と「桜の塩漬け」を使って『桜大福』を作りました。

大福は通常は求肥を使う事が多いのですが、今回は正月の餅の余り(冷凍保存をしておいたモノ)を使いました。

また、今回は「桜あん」を使ったので、餅に桜の葉っぱを刻んだのを入れるとヘビーな感じになるので、入れない事にしました。

c0101982_1105833.jpg


1.「桜あん」を12等分して丸めておきます。
上下にキッチン・ペーパーを敷いて挟んで余分な水分を取っておきます。

2.「桜の塩漬け」は、サッと水で洗い、キッチンペーパーで水気を切ります。

3.餅をボウルに入れ、少し水を入れて、蓋をして600Wのレンジで3分かけ、少し混ぜて更に蓋を外して600Wのレンジにかけて余分な水気を飛ばし(これも3分)、擂りこ木などで搗きます。

4.片栗粉を敷いたバットに3.の餅をあけ、水で濡らした手で広げて12等分にしたら、あんを包み易いように餅を広げて、あんを包んで閉じて丸めます。

5.仕上げに2.の桜の塩漬けを飾ります。

ちょっと不恰好なのは義母との試食分にして、後のは近所への‘お裾分け’にしました。

求肥と違って餅の性質上、硬くなり易いので、今日中に食べて下さい、という言葉を添えて…。

試食してみると、桜の香りが口イッパイに広がります♪

今度は求肥で。
フツーの餡子を使うので、求肥に桜の葉っぱを刻んだのを混ぜて作ろう…。

「春」を先取りして楽しみたいと思います…♪
[PR]
by h-camomile | 2007-03-03 11:08 | 和Sweets

「花かがり」を習いました♪

今日は、久々に和菓子を習って来ました。

作ったのは「花かがり」

c0101982_1522717.jpg


水羊羹に、道明寺・桜の塩漬けを加えて金箔を散らした寒天を上から流し固めたモノです。

水羊羹は「夜」を表し、金箔は篝火(かがりび)を浴びてキラキラ輝きながら散っていく「桜の花びら」を表しているのだそうです。

作り方は、そう難しくは無いのですが、手際よくしないと寒天が固まってしまいますので、結構ドキドキでした。(^_^;)

中に金箔が入っていますので、とてもゴージャスな感じです♪

この和菓子コースでは、その和菓子に合った「お茶」を提案して下さいます。

今回、紹介されたのは「紫蘇ほうじ茶」
紫蘇の風味に桜の塩漬けの塩味が、とても良く合います。

熱い日本茶でのTea Timeも、イイものです…。
[PR]
by h-camomile | 2007-01-30 15:29 | 和Sweets